トップページ

ご挨拶

あなたは、どこで死にたいですか?

あなたは最期の時、誰にそばにいてほしいですか?

あなたは、どんな死に方をしたいですか?

02

2025年、団塊の世代の方々が75歳以上となり、この国は4人に1人が75歳以上という超高齢社会になります。厚生労働省の試算では、その5年後の2030年には、病院でも施設でも自宅でも死ねない「看取り難民」が47万に達する見込みです。

私たち日本看取り士会は、近い将来この日本に訪れる「多死社会」に向けて、看取りを支える“看取り士®”の養成、“看取り学®”講座などの看取りに関する啓発活動に取り組んでいます。
 

一般社団法人日本看取り士会
会長 柴田久美子

活動一覧

看取り士養成講座 看取り学講座 胎内体感研修 1日胎内体感

会長柴田の講演会&関連イベント一覧

4月
20
看取り士養成講座(岡山) @ 日本看取り士会 岡山研修所 (岡山市北区御津中山)
4月 20 – 4月 25 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

4月
23
看取り士養成講座(新宿) @ 日本看取り士会 新宿研修所 (文京区内)
4月 23 – 4月 28 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

4月
28
看取り士養成講座(滋賀) @ 日本看取り士会 滋賀研修所「想和庵」
4月 28 – 5月 3 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

4月
29
看取り士養成講座(九州) @ 日本看取り士会 長崎研修所
4月 29 – 5月 4 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

5月
1
看取り士養成講座(大阪) @ 日本看取り士会 大阪研修所
5月 1 – 5月 6 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

5月
11
柴田久美子 北海道札幌市講演会 @ 札幌教育文化会館4階 講堂
5月 11 @ 1:00 PM – 2:30 PM

当会代表の柴田久美子による講演会が5月11日(土)に北海道札幌市でございます。

当日は生と死をテーマに、抱きしめて送った方々からいただいた学びを、やさしく やさしく やさしく、伝えさせていただくとともに、今年9月に公開予定の映画「みとりし」のメイキング映像も上映予定です。

下記より電話かメールにてお申し込み後、ゆうちょ口座へのお振込みをお願いします。

日時:2019年5月11日(土) 13:00~14:30(開場12:30)
入場料:2,000円
会場:札幌教育文化会館4階 講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)
お問い合わせ・お申し込み:TEL 090-8636-8515(藤根)、MAIL sapporo1130a@gmail.com(鈴木)
振込先:ゆうちょ銀行から 記号:19070 番号:58433951、他行から 店名:九〇八 店番:908 (普) 口座番号:58433951 口座名義:フジネミチコ
主催:一般社団法人見本看取り士会
後援:札幌市・北海道新聞社・学校法人鶴岡学園 北海道文教大学

 

5月
13
看取り士養成講座(東京) @ 日本看取り士会 東京研修所 (東京都町田市)
5月 13 – 5月 18 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

5月
15
看取り士養成講座(大分) @ 日本看取り士会 大分研修所(大分市内)
5月 15 – 5月 20 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

5月
17
看取り士養成講座(信州) @ 日本看取り士会 信州研修所 光 (長野県茅野市)
5月 17 – 5月 22 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

5月
21
看取り士養成講座(新宿) @ 日本看取り士会 新宿研修所 (文京区内)
5月 21 – 5月 26 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

5月
29
看取り士養成講座(九州) @ 日本看取り士会 長崎研修所
5月 29 – 6月 3 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

6月
7
看取り士養成講座(信州) @ 日本看取り士会 信州研修所 光 (長野県茅野市)
6月 7 – 6月 12 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

看取り士養成講座(岡山) @ 日本看取り士会 岡山研修所 (岡山市北区御津中山)
6月 7 – 6月 12 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

6月
12
看取り士養成講座(大分) @ 日本看取り士会 大分研修所(大分市内)
6月 12 – 6月 17 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

6月
17
看取り士養成講座(東京) @ 日本看取り士会 東京研修所 (東京都町田市)
6月 17 – 6月 22 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

6月
22
柴田久美子 岡山県赤磐市講演会 @ 赤磐市立中央図書館 多目的ホール
6月 22 @ 2:00 PM – 3:30 PM

6月22日(土)、柴田の岡山県赤磐市講演会です。

当会代表の柴田久美子による講演会が6月22日(土)に岡山県赤磐市でございます。

当日は命のバトンをテーマに、抱きしめて送った方々からいただいた学びを、やさしく やさしく やさしく、伝えさせていただく予定です。

下記よりFAXかメールにてお申し込み後、ゆうちょ口座へのお振込みをお願いします。

日時:2019年6月22日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
入場料:前売り1,500円、当日2,000円
会場:赤磐市立中央図書館 多目的ホール(赤磐市下市325-1)
お申し込み:FAX:086-606-4909、MAIL kokokara.in@gmail.com(畑中)
振込先:ゆうちょ銀行から 記号:15480 番号:32323481
    他行から 店名:五四八、種別:普通、番号:3232348
    口座名義:ミトリシ オカヤマジュク
お問い合わせ:TEL 070-5010-5114(畑中)
主催:一般社団法人日本看取り士会 看取り士おかやま塾
後援:赤磐市

6月
25
看取り士養成講座(新宿) @ 日本看取り士会 新宿研修所 (文京区内)
6月 25 – 6月 30 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

6月
29
看取り士養成講座(九州) @ 日本看取り士会 長崎研修所
6月 29 – 7月 4 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

看取り士養成講座(岡山) @ 日本看取り士会 岡山研修所 (岡山市北区御津中山)
6月 29 – 7月 4 全日

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。
旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。

納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。

講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist

 

7月
6
柴田久美子 岐阜県美濃加茂市講演会 @ 美濃加茂市文化会館 大ホール
7月 6 @ 1:00 PM – 4:00 PM

当会代表の柴田久美子による講演会がイベント「命のバトン~大丈夫だから心配しないで~」の中で行われます。

当日は「命のバトン」をテーマに、柴田の講演だけでなく、中部大学教授の大門正幸さんの講演、さらにミュージシャンのAKIRAさんも加えた3名での対談やサイン会なども行なわれます。

お申し込みは下記のお問合せ先まで!

日時:2019年7月6日(土) 13:00~16:00(開場12:30)
入場料:1,500円(※3~5名のグループで割引:お一人様1,000円)
会場:美濃加茂市文化会館 大ホール(岐阜県美濃加茂市島町2-5-27)
主催:bサークル青い手 長尾真理子、看取り士 新井満里子
お問い合わせ・お申し込み:看取り士 新井満里子 TEL 090-2686-3769(ショートメッセージでお願いします)、FAX 0574-28-0419

なお、翌7月7日(日)は看取り学講座初級・中級も開講予定です。
受講をご希望される方は上記お問い合わせ先より新井までご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

ピックアップ!

過去の記事

Facebook

代表 柴田のつぶやき

Return to Top ▲Return to Top ▲