講座開催カレンダー

講座開催カレンダー

日本看取り士会では、看取り士養成講座看取り学講座1日胎内体感及び長期の胎内体感研修の受講生様を常時募集しています。詳細については各ページをご覧ください。皆様のご受講を心からお待ちしております。

内容についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください

 

なお、下記カレンダーには看取り学初級及び1日胎内体感で常時受講を受け付けている分は表示されていません。各地で受講を受け付けておりますので、各講座のページからご確認下さい。

 

 

1
2
3
4
5
6
7
看取り士養成講座(カナダ)
看取り士養成講座(カナダ) @ カナダ ブリティッシュコロンビア州(予定)
6月 7 – 6月 16 全日
看取り士養成講座(カナダ) @ カナダ ブリティッシュコロンビア州(予定) | 岡山市 | 岡山県 | 日本
住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。 旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。 納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。 講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist チラシはこちら!: http://mitorishi.jp/dist/flyer/20170617-canadajp.pdf   ※ 本講座はカナダ在住の方の強い要望により実現したものです。バンクーバーにて講演会、ビクトリアにて養成講座を予定しています。料金などは通常の看取り士養成講座とは異なります。詳細はチラシをご確認の上、お問い合わせください。  
8
9
10
11
12
13
14
15
16
看取り士養成講座(信州)
看取り士養成講座(信州) @ 日本看取り士会 信州研修所 光 (長野県茅野市)
6月 16 – 6月 21 全日
看取り士養成講座(信州) @ 日本看取り士会 信州研修所 光 (長野県茅野市) | 岡山市 | 岡山県 | 日本
住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。 旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。 納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。 講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist
17
18
19
20
看取り士養成講座(東京)
看取り士養成講座(東京) @ 日本看取り士会 東京研修所 (東京都町田市)
6月 20 – 6月 25 全日
看取り士養成講座(東京) @ 日本看取り士会 東京研修所 (東京都町田市) | 岡山市 | 岡山県 | 日本
住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。 旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。 納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。 講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist
21
22
23
24
25
26
27
看取り士養成講座(滋賀)
看取り士養成講座(滋賀) @ 日本看取り士会 滋賀研修所「想和庵」
6月 27 – 7月 2 全日
看取り士養成講座(滋賀) @ 日本看取り士会 滋賀研修所「想和庵」 | 多賀町 | 滋賀県 | 日本
住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。 旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。 納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。 講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist
28
看取り士養成講座(九州)
看取り士養成講座(九州) @ 日本看取り士会 九州研修所(長崎県内)
6月 28 – 7月 3 全日
看取り士養成講座(九州) @ 日本看取り士会 九州研修所(長崎県内) | 当別町 | 北海道 | 日本
住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために。 旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡すために。 納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身に着ける講座です。 講座内容についての詳細はこちら: http://mitorishi.jp/activity/specialist  
29
30

ピックアップ!

過去の記事

Facebook

代表 柴田のつぶやき

Return to Top ▲Return to Top ▲