2022迎春・感謝を込めて

2022迎春・感謝を込めて

2022年01月01日(土)8:00 AM

あけましておめでとうございます。

2020年前半から世界を席巻しているコロナウィルスの影響から、終末期を面会制限のある病院や施設ではなく、自宅に移す家族が多くなってきています。しかし現在ある社会資源だけでは充分ではなく、家族だけで終末期を支えることは精神的にも環境的にも厳しいのが実情です。

 

この問題を解決するために創設しました「看取り士」と「無償ボランティア エンゼルチーム」への依頼が一昨年から急増しております。現在、看取り士1,591名と1,620支部の無償ボランティア エンゼルチームの皆様が全国で活動をしております。

昨年はセコム株式会社様と提携した「おひとりさまのみまもりプラン」、また看取りサービス「桜」・「蘭」を発売、おひとりさまでも安心して自分らしい暮らしが自宅で最後までできる仕組みを提供することができました。

 

看取り士は「もう一人の家族」として利用者様、ご家族様に伴走いたします。最後、バタバタと事務的に終わるお別れではなく、生命の誕生の時のように愛と感動を皆様にお渡ししたい――死で全てが終わるのではなく、続く「いのち」をお一人でも多くの方に体験していただきたいと心から願っております。

 

看取りの活動をたった一人ではじめて29年。沢山の方々より大きなお力添えを頂き、深く感謝しております。今年も私の夢、「全ての人が最期 愛されていると感じて旅立てる社会を創る」為に尽くします。

どうぞ本年もよろしくお導き下さいませ。

一般社団法人日本看取り士会
会長 柴田久美子

 



«   |   »

過去の記事

代表 柴田のつぶやき

Return to Top ▲Return to Top ▲