1日胎内内観

1日胎内内観

全てのことを肯定的にとらえ逝かれる方の愛や想いを受け入れるために行っている長期間の胎内内観研修

大変ご好評をいただいている研修が、もっと身近に、受けやすくなりました。

概要

受講される方の母親を対象に、相手の立場に立って振り返り、古い記憶を思い出していく研修です。誰もが皆、母親の胎内で慈愛を受けてこの世に生まれます。胎内内観では胎内にいた安心感を体験し、自らの内にある愛に気付いていただきます。

長期間の胎内内観との違い

  • 朝10時からはじまり、夕方16時に終了する1日間の研修です。
  • 思い出す対象者は、原則として受講する方の母親のみとなります
  • 囲いは使用いたしません
  • 面接者への報告はなく、筆記が中心となります

研修感想

  • 最近、こたつでゴロゴロすることが多くなった母。私に対しても、“心ない”と思われる言葉を投げてきたり…私は母に対して不満がつのっていた。私が母から産まれ育ったという事実が信じられなかった。しかし、今日一日、胎内内観を通じて母の愛を、ひたむきさを、そして今も変わらぬあたたかさを思い出した。
    私は自分から母に寄り添い、やさしくしないで、今でもなお母からに愛を求めて不満をいだいていた。私が私を信じ、みてほしいと思っているのと同様、いやそれ以上に、母も愛を求めていた。承認されたかったのだろうと気付いた。母への感謝を今一度胸に、これからの母と向き合っていきたい。
  • いつも愛されて生きていたんだなって感じました。母は偉大です。母が見守って、寄り添ってくれたように、私もそんな存在になれるように、これからしていきます。
  • 嫌な思い出(自分が辛かったこと等)は思い出さないように、その思い出を自分の中からかき消してしまいたいと、プラスに考えようとはせずそれだけを考えていたこと。また、母親に今までしてもらったことはあまり思いだそうとはせず、“こうしてくれなかったから”“ああしてくれなかったから”といつまでも親を責めてしまっている部分があったこと、この二つに気付かされました。
    母がどんな想いで私を授かり、産み育ててくれたのか、母の立場になって考えたら責めるどころか、涙が出ました。
  • 自分はひとりじゃない。愛されていると感じました。

開催地・日程・お申込

現在、下記の場所で常時受講を受け付けております。受講希望地と希望日付をチラシ兼申込用紙に記載の上、FAXやメールでお申し込みください。

1日胎内内観常時開催地一覧
地区 担当
北海道 函館市・旭川市・十勝(等) 左記の各研修室
青森県青森市・宮城県仙台市(等) 青森研修室
滋賀県多賀町 滋賀研修所 想和庵
群馬県高崎市(等) 群馬研修室
東京都町田市 東京研修室
山梨県甲府市(等) 山梨研修室
長野県茅野市(等) 信州研修室 光
愛知県名古屋市 名古屋研修室
岡山県岡山市 胎内内観おかやま塾
広島県広島市 広島研修室
長崎県松浦市(等) 九州研修所事務局

 

上記にあてはまらない開催日程は下記の通りです。開催日程カレンダーもご覧ください。

 

4月
17
1日胎内内観(滋賀) @ 日本看取り士会 滋賀研修所「想和庵」
4月 17 @ 10:00 AM – 4:00 PM

研修を受けられる方のお母様を対象に、相手の立場に立って振り返り、古い記憶を思い出していく研修です。
誰もが皆、母親の胎内で慈愛を受けてこの世に生まれます。胎内内観では胎内にいた安心感を体験し、自らの内にある愛に気付いていただきます。

他のどこでも体験できない全く新しい体験です。新しい自分に出会いませんか?

1日胎内内観についてはこちら: http://mitorishi.jp/activity/oneday-tainai
チラシ兼お申込書はこちら: http://mitorishi.jp/dist/flyer/20170318s-oneday-tainai.pdf

 

5月
5
1日胎内内観(滋賀) @ 日本看取り士会 滋賀研修所「想和庵」
5月 5 @ 10:00 AM – 4:00 PM

研修を受けられる方のお母様を対象に、相手の立場に立って振り返り、古い記憶を思い出していく研修です。
誰もが皆、母親の胎内で慈愛を受けてこの世に生まれます。胎内内観では胎内にいた安心感を体験し、自らの内にある愛に気付いていただきます。

他のどこでも体験できない全く新しい体験です。新しい自分に出会いませんか?

1日胎内内観についてはこちら: http://mitorishi.jp/activity/oneday-tainai
チラシ兼お申込書はこちら: http://mitorishi.jp/dist/flyer/20170318s-oneday-tainai.pdf

 

ピックアップ!

過去の記事

Facebook

代表 柴田のつぶやき

Return to Top ▲Return to Top ▲