トップページ

ご挨拶

あなたは、どこで死にたいですか?

あなたは最期の時、誰にそばにいてほしいですか?

あなたは、どんな死に方をしたいですか?

02

2025年、団塊の世代の方々が75歳以上となり、この国は4人に1人が75歳以上という超高齢社会になります。厚生労働省の試算では、その5年後の2030年には、病院でも施設でも自宅でも死ねない「看取り難民」が47万に達する見込みです。

私たち日本看取り士会は、近い将来この日本に訪れる「多死社会」に向けて、看取りを支える“看取り士®”の養成、“看取り学®”講座などの看取りに関する啓発活動に取り組んでいます。
 

一般社団法人日本看取り士会
会長 柴田久美子

活動一覧

看取り士養成講座 看取り学講座 胎内内観研修 1日胎内内観

関連イベント一覧

6月
19
柴田久美子 長崎講演会~「看取り」の現場で起きる奇跡 @ ハウステンボスタワーシティ 第四会議室
6月 19 @ 1:30 AM – 2:30 AM

当会代表の柴田久美子による講演会です。当日の参加費はハウステンボスの散策チケット付です。当日はハウステンボスでお楽しみいただき、そして看取り士 柴田久美子が伝える世界をお楽しみください。

お申し込みは下記、九州で看取り士養成講座他を開催している九州研修所事務局まで!

ハウステンボス散策チケット(1日の入場+パークパス)+講演料
前売り券 5,500円(講演料のみの方 1,500円)
当日券  6,000円

当日券(講演料のみ) 2,000円(入場料は別途ご自身にて)

お申し込みは、こちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/88a22ba8421266

859-4769
長崎県松浦市星鹿町下田免172−1
日本看取り士会 九州研修所事務局
代表 大橋尚生
携帯:090−1929−0789

8月
14
第三回 日本の看取りを考える全国大会 @ 新宿区立角筈区民ホール
8月 14 @ 2:00 PM – 5:00 PM

一昨年、昨年と開催し多くの方にご来場いただいた「日本の看取りを考える全国大会」。今年は8月14日、基調講演に写真家・ジャーナリストの國森康弘氏を招き、新宿の角筈区民ホールにて開催いたします。

普段、あまり考えることのない「看取り」について、一緒に考えてみませんか? 皆様のお申込み・ご来場をお待ちしております。

◆内容
・基調講演
「いのちをつなぐということ~看取りの現場を想う」
写真家・ジャーナリスト 國森康弘氏

・シンポジウム(仮)
「あなたは誰に看取られたいですか(仮)」
座長:奥 健一郎 先生(鹿児島大学 工学部 講師)
舩井 勝仁 先生(株式会社船井本社 代表取締役社長)
看取り士 山本千鶴子(日本看取り士会千葉研修室豊包塾)
看取り士 柴田 久美子(一般社団法人 日本看取り士会 会長)

~年賀寄付金による社会貢献事業助成~


◆日時 8月14日(日)14:00~17:00
◆参加費 当日2,000円・前売り1,500円
◆定員 250名
◆会場 新宿区立角筈区民ホール


■主催 「日本の看取りを考える全国大会」実行委員会
■共催 一般社団法人日本看取り士会
■後援:日本医師会 なごみの里
■友情出演: 日本舞踊家 山野敬祐氏
(社会福祉法人敬寿会 特別養護老人ホームしかまの里 施設長)

■お申込み・お問い合わせ:
一般社団法人日本看取り士会
TEL 086-728-5772 FAX 086-239-3992
mail staff@mitorishi.jp

8月
16
柴田久美子 山梨講演会 ~死と向き合う時、人生の目的が見えてくる~ @ 山梨県立文学館 講堂
8月 16 @ 1:30 PM – 3:00 PM

20160816y-lecture

当会代表の柴田の講演会が8月16日(火曜日)、山梨県の山梨県立文学館にて行われます。前々日に行われる「日本の看取りを考える全国大会」とあわせ、ぜひともご参加下さいませ。全国大会では柴田はシンポジストとしての参加ですが、こちらは講演会となっています。

お申し込みは下記、山梨で看取り学講座・1日胎内内観を開催している山梨研修室まで!

日時:2016年8月16日 13:00開場 13:30~15:00講演

場所:山梨県立文学館 講堂

参加費:2,000円(当日受付にて)

お問合せ:

日本看取り士会山梨研修室(岡 亜佐子)

TEL 070-5089-4888 FAX 055-226-2363

EMail blanche.aile★gmail.com (★を@に変えてください)

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

ピックアップ!

過去の記事

Facebook

代表 柴田のつぶやき

Return to Top ▲Return to Top ▲