団体概要

団体概要

代表プロフィール

01

島根県出雲市生まれ。

日本マクドナルド株式会社勤務を経てスパゲティー店を自営。

平成5年より福岡の特別養護老人ホームの寮母を振り出しに、看取りの世界へ。平成14年に病院のない600人の離島にて、看取りの家を設立。本人の望む自然死で抱きしめて看取る実践を重ねる。

平成22年に活動の拠点を本土に移し、現在は岡山県岡山市で在宅支援活動中。新たな終末期のモデルを作ろうとしている。また、全国各地に「死の文化」を伝えるために死を語る講演活動を行っている。

(現在の講演予定はなごみの里ホームページに)

現在

略歴

1973/03
大阪 YMCA 秘書課卒業
1973/10~
日本マクドナルド株式会社勤務
1989/10~
東京都及び福岡県にて洋食レストランを自営
1993/09~
各種介護施設にて、寮母として勤務
1998/03
隠岐諸島知夫里島(隠岐郡知夫村)へ移住
2002/05
看取りの家開設
2010/11
第1回AJCC(オールジャパンケアコンテスト)主催
2012/06
一般社団法人「日本看取り士会」設立 同会長
2014/08
第1回日本の看取りを考える全国大会 主宰

著書

理念

日本看取り士会は、終末期の看取りを通して魂を磨こうとするものです。人間の終末期において、旅立つ方々と私達に言葉すら要りません。ただお互いに感謝を思うことのみがなすべきこととなります。旅立つ方々の魂は天と地(肉体)を行き来し、私達の魂すら導いて下さいます。

人間の終末期ほど、尊い時はありません。その時に添わせて戴く事こそ、私達の魂を清め高めます。マザーテレサのお言葉のように、一人一人の魂と接する機会が与えられているその時なのです。終末期にある旅立つ方こそが師であり、そばにいる私達は学びの者です。美しい死の中にこそ真の生があります。この理念の元に学んだ一人一人が、その愛を世界中に運び、愛ある世界の実現を目指して設立します。

理念の実現のために

幸齢者様の最期のステージを支えることは、当然私たちの力だけではできません。幸齢者様が自らの望む場所で、自らの望むように最期を迎えるためには、幸齢者様のご家族様、主治医など医療・介護にかかわる専門家の方々、ボランティアの方々など、たくさんの方々の力が必要です。医療・介護放棄、またいわゆる「みなし末期」をしないためにも、私たちは活動において多くの“目”があることを大切にしています。

幸齢者様自身はもとより、かかわった全ての人たち全てが、「これで良かった」と思える最期を実現すること、それが私たちの一番の願いです。

ピックアップ!

過去の記事

Facebook

代表 柴田のつぶやき

Return to Top ▲Return to Top ▲